アトリウム展「縄文のかたち」 開催のおしらせ

 奈良県立橿原考古学研究所が発掘調査を実施した観音寺本馬遺跡からは、ユーモラスな 姿をした土偶が出土し、出陳した数々の展覧会で好評を博しました。今回、縄文美術の撮影 を長年手がけておられる写真家小川忠博氏に観音寺本馬遺跡の土偶を撮影していただきま した。そこで、その写真パネルを展示するとともに、縄文人の豊かな造形を知ることができ る県内出土の縄文土器を合わせて展示します。

 

会期 令和2年11月2日(月)~12月24日(木)
    8時30分~17時15分
    土・日曜日・祝日休館

 

会場 奈良県立橿原考古学研究所 1階アトリウム
    〒634-0065 奈良県橿原市畝傍町1番地
    TEL 0744-24-1101  FAX 0744-24-6747

 

観覧料金 無料

 

展示内容 土偶写真(観音寺本馬遺跡、坪井・大福遺跡:小川忠博氏撮影)

     縄文土器(下茶屋地蔵谷遺跡、宮の平遺跡、本郷大田下遺跡など)
 

【ご利用の際のお願い】
新型コロナウイルス感染症対策として下記のご協力をお願い申し上げます。
・マスク着用等の咳エチケット・手指の消毒・他の来場者との十分な距離の確保
また、新型コロナウイルスの感染疑いのある方、同居家族や身近な知人に感染疑いのある方は来場をご遠慮いただけますようお願い申し上げます。